上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--
--
--

ハオルチア バディア (透明艶窓バディア No.66)
Haworthia mirabilis var. badia

今年は涼しくなるの早いですね。
夜はちょっと寒いぐらい。
早いかもしれないけど、レーズンみたいになったブルゲリを霧吹きで徐々に水に慣らしてく予定。

「ハオルチア バディア (透明艶窓バディア No.66) 」です。
ずっと紹介してなかったけど、去年の秋の池袋祭りで買ったので、そろそろ1年プレイヤーのバディアです。
1年があっという間すぎて困る・・・・・・・・・10年ぐらい巻き戻せませんかね?
変な名前ですがたぶん「バディアD」という名で出回ってるやつと同じじゃないかと思ってます。(違うぽいです)
バディアは英語だったりナンバーだったり分かりにくい名前で流通してますよね。
なんでなんだろ?

秋春は緑だがそれ以外の季節はストレスが静脈血みたいな赤に染まる。
鋸歯もノギも無し。
窓も形もバディアとしては標準。
透明度はソコソコ。
今のところ仔吹無し。

No66badia_001.jpg

冬の写真。
まだこの頃は葉が細くバディアの魅力は発揮されていません。
この時期が一番透明。

No66badia_002.jpg

6月初夏の写真です。
この頃の色が一番綺麗だと思います。
色づくと窓も曇って白乳色な窓になります。

No66badia_003.jpg

7月。
だいぶ赤くなりました。
ウヒヒ、いい色です。
しかしこの後悲劇が・・・・。

No66badia_004.jpg

8月、カラスに毟られました・・・・。
まぁこのバディアは運が良くて細い下葉だからよかったです。
お気に入りのこいつの中心をやられたら半年はblog更新しなかったかもw
この時期になるとダークな色づきでちょっとヤダ。
葉もシオシオですね。


2011
09
09

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
梅ちんのバディアDりゃくしてバDとはまた微妙に違うような?
なんだろ、葉の広さなのかなあ。単なる連番かなあ。という話は少し前に梅としていました。

それにしてもよいね。染まるバディアね。うふふ。
  • salsa#SFo5/nok
  • URL
  • 2011.09.10(Sat)
  • Edit
あれ、Dとは違う感じですか。
たしかに違う感じ。(写真確認)
某オークションでよく出てる奴の写真を見ると似てるかなーと思ったんですが、フーム。
なんなんやろかw
  • miyatake30#mQop/nM.
  • URL
  • 2011.09.10(Sat)
  • Edit

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。