上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--
--
--

セダム 虹の玉 (3回目)
Sedum rubrotinctum

虹の玉が真っ赤に染まりました。
赤を通り越してどす黒く静脈血色になってしまったw

赤いうちに太陽が高くなってくれるといいなぁ。
太陽の角度が浅くて影ができやすく、鮮やかさが再現しにくい。
もうちょい派手に撮れるはず。

過去エントリー
▼セダム 虹の玉 Sedum rubrotinctum
▼セダム 虹の玉 Sedum rubrotinctum (2回目)

NNT06.jpg

逆光で見ると虹の玉というか炎の玉。

NNT08.jpg

ちょっと引いて横から。
緑が冴えていい感じ。

NNT09.jpg

順光で、この色が一番イメージに近い。
血の雫みたいな・・・。

NNT10.jpg

最後は「カクタス広瀬」産のヒョロ長虹の玉と。
どうしてこんな姿になってしまうのか?
AFで撮ったらピントボケボケ。
スポンサーサイト

2011
02
09

セダム 虹の玉 Sedum rubrotinctum (2回目)

初めての2回目記事は「セダム 虹の玉」。
染まり方が綺麗すぎて困るので、休日の朝30分だけ差し込む朝日を捕らえて撮影。

過去エントリー
▼セダム 虹の玉 Sedum rubrotinctum

NNT04.jpg

やっばい。やっばいわ。
虹の玉とはよう言うたもんや。

しかし伸び伸びなうちの虹の玉。
夏だって水切って、常に直射日光だったのに葉が詰まらない。
肥料が効きすぎなのか?

2010
11
20

セダム 虹の玉 Sedum rubrotinctum

超メジャー多肉の「虹の玉」先生。
梅雨の湿気や、猛暑の夏の直射日光、真冬の寒波にも絶え、
葉差ししても8割以上の確立で芽が出る、スーパー多肉。
イチロー並?のオールラウンダー。
寒くなるとびっくりするほど美しく赤くなるはずなんだけど、まだその気配無し。
(日光不足か・・)

セダム 虹の玉
食卓塩と競演。
キッチンの窓なんです。

セダム 虹の玉
台風の時に取り込んで撮影したので水玉だらけ。
キッラッキッラ!

セダム 虹の玉
茎の赤銅色と葉の緑のコントラスト絶妙すぎて感動もの。
でもこいつ200円なんだぜ。
α55+TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1



Perfumeニューシングル 「ねぇ」。
曲もいいんだけどシャープな冬服と可愛く動く足が絶妙なPV。
綺麗なこと、かわいいこと、かっこいいこと。



2010
11
02

検索フォーム

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。